2019年11月04日

体の仕組み_関節軟骨

人の体は約206個の骨の
組み合わせでできています

向かい合う骨の間には関節があり

その2つの骨を繋ぐのが靭帯

連結された骨の周りには
骨を動かす骨格筋があります
(※他に心臓を動かす心筋、
他の内臓を動かす平滑筋があります)
運動で使う筋肉は骨格筋になります


あぁ 何だか難しい話に
なってきましたね
なので少しずつお伝えさせて
頂きます♪


関節の周りは弾力のある軟骨
覆われています

その軟骨は膜で覆われていて
滑液が分泌されています

関節内は滑液で満たされ
関節が動きやすいための
潤滑液の役割を果たして
くれています
E64DE533-1D6F-412D-89A3-12E7815A6526.jpeg

また 関節軟骨はあらゆる衝撃から
骨を守る役割をしています。



現在、関節に痛みがある方
または健康維持のために
日頃から意識をされている方。

ここでぜひ再確認して
いただけたらと思います
↓   ↓

軟骨は滑液から栄養を得ています
この滑液は関節が動くことで
分泌される仕組みになっています

要するに体を動かす必要がある
と言うことですね


痛いと動かすのは辛いですが
大事(安静)にしてばかりでは
動けなくなってしまいます
同時に筋力も衰えます


いつまでもしっかり歩ける体を
保つためには
全身を均等に無理なく動かす
ストレッチがとても有効的です

軟骨に十分に栄養を届けましょう
全部加齢を理由にしてしまっては
生活に制限がかかったり
楽しみたいことも我慢しなきゃ
いけなくなりますね


痛みがある時はゆっくり行うと
緩和されてきます
この時に『えいっ!』と勢いを
つけて動かないよう注意しましょう


hanae yoga studioは
毎回ポーズを沢山行うヨガ教室とは
ちょっと違います

健康のために一番重要なのは
無理なく動き 必要な柔軟性を
身に付けることです


教室に通ってくださる方の
年齢層は3世代と幅広く
皆んな一緒に受けて頂いております

慣れないうちはプライベートから
ゆっくり始めるのもいいですね
とことんお付き合いします♡
自分の体が徐々に快適になるのは
すごく楽しく、嬉しいですよね。


昨日もプライベートレッスンを
させていただきましたが
色々な気付きに大笑いしながら
楽しい時間でしたꉂ ( ˆᴗˆ )







posted by hanae yoga studio at 16:45| ヨガ